葬儀で故人を気持ち良くお見送り|故人やすらぎの場

葬儀

決まりはしっかり守る

葬式

結婚式とは違い、葬儀は故人の冥福を祈る場所です。笑顔になれないほど憔悴し切ることがほとんどで会場は悲しみでいっぱいです。数々の場面に遭遇してきた神戸の葬儀社は、経験と実績を多く積んでいます。そのため、マナーに関する知識が豊富なので不快感を覚えることはありません。宗教の決まりや葬儀のマナーは熟知しているはずですから、神戸で葬儀社を選択し、優良な会社を選定していきます。本来、葬儀や通夜は夜伽という別名を持ち、夕方から始まるのが基本です。長くで10時まで続くのが基本で読経をする前に通夜を済ませるが葬儀のマナーになります。儀式ではないので、正装はいりません。地味な格好にし、遺族への心遣いを忘れてはいけません。よくある質問に、アクセサリーがありますが原則として禁止です。このように、参列者に向けられたマナーを細かく掲載しているので、知識に取り入れておくべきでしょう。お線香のお供え方から礼儀作法まで幅広く紹介しています。

無宗教で始める場合、決まりとして故人の好きだった音楽をかけることが出来ます。これは神戸の葬儀社が提供しているプランでもっとも人気のあるタイプで近年は、パッドを使った式が話題を呼んでいます。決まった作法がないため、自由が効く点では非常に良いですが浸透していないので、戸惑いを感じる遺族も少なくありません。決まりがなっていない以上、家族間での話し合いに重点を置くべきなので、手を抜くと良い式になりません。ビデオの上映やスライドを使った思い出上映は、無宗教だから出来ることです。中には、不謹慎と感じる参列者が多く、マナーを大事にしたいのなら決まりが定められている神戸の葬儀が良いかもしれません。言えることは、故人を第一に考えた葬儀が一番喜ばれることです。それを踏まえて、神戸の担当者と式の相談をしていきましょう。